家のアクセントになります|人気のDIYグッツが多く揃っているホームセンター
家具

人気のDIYグッツが多く揃っているホームセンター

家のアクセントになります

ウーマン

ヨーロッパで発展

ヨーロッパの建築物は、日本の物とは全く違っていますが、独自の文化を発展させています。その独自な文化の一つになるのが、ロートアイアンという技術です。ロートアイアンとは、錬鉄を使った家具のことで、エクステリアや表札などに見かけます。ヨーロッパに観光に行った人が、目にすることがある家の門扉やフェンスなどにも使われることが多いです。近年になって、このロートアイアンという技術が、日本にも入ってきて使っている家を見かけるようになっています。特に洋風な建築物の、アクセントとして用いられることが多いです。この技術が最初に用いられたのは、ローマ時代にまで遡ることができるので、各時代を経てきた実績が残されています。確かな技術の伝承とともに、伝えられてきたのが、各時代の様式やデザインです。

まずは小物から設置

どの時代も、お洒落なデザインなので、選択肢がありすぎて困るくらいです。以前は一つ一つが、手作りであったために高価なロートアイアンでしたが、近年の需要と技術が向上したことで、安価な品物もあります。つまり以前ほど、高い費用をかけなくても、家のアクセントとして楽しむことができるのです。階段の手摺や門扉、フェンス等などに使うと家の個性が出て、お洒落な度合いも増します。しかし大物の場合は、初心者の場合には取り付けるのが、少々面倒に感じてしまうのです。もちろん専門の業者に依頼すれば、仕上がり具合も綺麗に設置してくれますが、自分でやってみるのも面白いです。最初は小物から、挑戦してみてはいかがでしょうか。ポストや表札といった小物の場合、日曜大工ができる道具と知識があればできます。